« 東日本大震災6 | トップページ | 東日本大震災8 »

東日本大震災7

 3月15日(火)
 休みのはずが出勤した。自転車で。
 実家が多賀城で札幌に住む友人にあてたメールの返信がきた。実家はいまは泉だそうだ。塩竈の友人のことになったが、連絡先がわからない。

 テレビで報道される宮城の状況は日に日に悲惨さが強まるばかり。
 
 雪が降ってきた。

 明るいうちに定時で退社。一回転んだ。

 3月16日(水)。
 今日は積雪のため泣く泣く警告ランプが付いている車で出勤。
 北海道の友人が塩竈の友人と電話連絡できたそうだ。塩竈の友人は昨年結婚して仙台に住んでいることは知っていた。が塩竈の実家は海岸に近かったと記憶している。結果的に塩竈の実家は床上浸水したが家族とも無事ということだった。
 すぐ、自分もそいつに電話した。声を聞くのは15、6年ぶりだと思う。電気がちょっと前に点いたというころだ。水はでるらしい。奥さんは妊娠中だそうだ。周りの状況はだいぶひどいらしい。復興は数年先ではないかと。

 仙台のSEさんたちも一応無事だったようだ。ただ、やはり水がでないそうだ。仕事とはいえ山形まで来ていただいて申し訳ない。ガソリン事情は異常としか言えない。なんとか明日営業するという情報を得たので並ぶことに決めた。

 妻はこの日6Lゲットしてきた。

 3月17日(木)
 雪。想像以上の積雪。宮城も雪だそうだ。避難者はさぞ辛い思いをしているのだろう。早く両親を連れてきてゆららにでも連れていきたい。
 朝4時起床。このところ眠りが浅く起きるのが苦にならない。待ち時間暇だと思いiTunesからコンタクトをレンタル。朝4時半GS到着。なんともう50台はいそう。寒い。アイドリングなんてできない。雪が積もってくるので定期的に雪を払う。開店は10時だ。なんなんだこれ。戦後か?
 一列だった行列が、いつの間にか別ルートが発生している。合流地点ではなにかもめているようだ。9時過ぎ整理券が配られ始めた。100番。2000円。正直もっと早く配って欲しかった。13Lいれた。通勤だけなら2週間はもつ。
 中山ライズで家族、友人への差し入れを買う。なんと物がないじゃないか!!レトルト、缶詰、カップ麺なんか全くなし。果物野菜、肉類はある。サンコーでケンコーの牛乳もある。卵もあったひとり一パック。ペットボトルは制限つきだ。
 とりあえずバナナ。バナナがあればなんとかなる。あとりんご。味噌汁のもと。マスクもう何を買ったらいいかわからない。 なにより実際行ってみて食料事情が改善していたら無駄になる。

 仕事を終えて帰宅。妻はこの日も6L入れてきた。七ヶ浜町往復しても3、4日しのげる。妻が仕入れてきたペットボトル、食パン、家にあったお菓子類をそれぞれ差し入れする家族に小分けした。これしかならないのか。思ったより少ない。情けなくなる。
 

|

« 東日本大震災6 | トップページ | 東日本大震災8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災7:

« 東日本大震災6 | トップページ | 東日本大震災8 »