« 受験 | トップページ | パッチギ »

ただ、君を愛してる

 「キスしたら、死んじゃうかも」
 恋をすると死んじゃう病気というシズル。大人になれないシズルが恋をして大人になる(自立する)ことを選択する。
 蕁麻疹かなんか知らないが、患部に塗る薬のにおいが気になって人付き合いを避ける誠人。まあ玉木宏ですから、それでも二股かけるんですね。かけているのか?子供のようなシズルに魅かれ、大人の黒きメイサにも魅かれ。男なら仕方ないですが。
 写真が趣味でキャノンF-1を使い、シズルにはAE-1を持たせる。
 二人の森でシズルは一生で一度のキスをする。このとき初めてめがねをはずす。大人への一歩だが命を削ることになる。そこから展開がかわる。宮崎も演技をかえる。

  「彼女はよく嘘をついた。」これが後々まで効いてくる。

 最後の個展にあったでかでかのシズルのセルフポートレイト。大人になったら誰からも愛される女性になる。胸もこーんなに。。まあそれほどでもありませんでしたが。。うちに欲しい。。。

  ぐちゃぐちゃに泣けるものではないですが、ファンタジー映画ということもあり美男美女ぞろいでふわあ~ってなります。観た甲斐は十分あります。ほっとします。

 結構のだめの人いましたね。


 

  

 
 
 
 

|

« 受験 | トップページ | パッチギ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただ、君を愛してる:

« 受験 | トップページ | パッチギ »