« 七ヶ浜6 | トップページ | 特には・・・ »

武士の一分

 毒でガンス~。
 漬物で茶碗を綺麗にして箱膳に片付ける風景はたそがれでもみたね。ちょっとまねしたい。
 意外とキムタクが良かったという話を聞きますが、どうだったのでしょう。真田広幸だったらどうだったのか?そう思わざるを得ない。
 はなしの盛り上がりも今ひとつで、果し合いの緊迫感が薄かった分、エンディングがズルズルした感じ。 ただ、ベテラン勢はよかった。毒でガンス~。とか桃井カオリとか、徳平とかね。
 

|

« 七ヶ浜6 | トップページ | 特には・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 武士の一分(06・日) [no movie no life]
「譲らない心。譲れない愛。 人には、命をかけても守らねばならない一分がある。」 思い描いた人生が崩れ、信じていたものにも裏切られる。そんなとき、人は何を思い、どう動くのか。 海坂藩主の毒見役により失明した三村新之丞(木村拓哉)を、見えないことへの苛立ち、人... [続きを読む]

受信: 2007.01.23 23:46

« 七ヶ浜6 | トップページ | 特には・・・ »