« 斎藤投手 | トップページ | 明治運動会 »

ユビサキから世界を

 なんでもアンダーグラフがクリップを行定監督にお願いしたら、じゃあ映画にしよってことで作られたそうです。
 なぜかロケは山形で。それほど馴染みのある風景はないが、山本学園の屋上から市内を望むと霞城セントラルがわかります。あとは、馬見が崎川沿いの桜並木のライトアップ。西蔵王方面らしき景色。両国屋。
 話は山形とは全く関係なく方言なんかしゃべりません。
 内容はhttp://yubisaki.jp/pc/index.htmlで確認。
 ヤフーでも上映するらしいですよ。
 シビアな中にも、お母さんがパンツ脱いだり、女子高生が生き埋めから抜け出したり、じいちゃんはセスナで墜落したり、あり得ないところもありますが。

|

« 斎藤投手 | トップページ | 明治運動会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユビサキから世界を:

« 斎藤投手 | トップページ | 明治運動会 »