« スリップそしてええええ | トップページ | 博士の・・・ »

博士の愛した数式

 まだ途中ですが、久しぶりに本を読んだので、まだ本読めるんだあということに我ながら感動。
 で、上映中のこのお話、予告編で見たこともあって、家政婦は深津、博士が寺尾が頭の中で演技をしてくれます。内容もとても読みやすい本だと思います。数式以外は。
 友愛数ってわかりますが?なんかほほえましい名前ですね。完全数、過剰数、不足数、素数、双子素数、、博士が家政婦やその子ども相手にする話題とは思えないのだが、不思議と場に馴染んでいる。博士のやさしさ、家政婦の思いやり、子どもの素直さがそうさせているのだろうか。

|

« スリップそしてええええ | トップページ | 博士の・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

« スリップそしてええええ | トップページ | 博士の・・・ »