« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

トリノ:荒川金

 まさかねえ、荒川選手が金メダルとはねえ。
 でも、ミリオネアで荒川選手が500万をとったときに、この人は凄いと思いました。状況判断のすばやさと的確さ、そして潔さ。勝負師としての資質は充分養ってきたのだと思います。
 このことは、トリノ行きを決めた試合や、本番のSP、フリーでいかんなく発揮されています。彼女はメダルを取りにいったのではなく、自分のやりたいこと、自分が満足できることをやったら、メダルがポケットに入ってた。そんな感じですねえ。まあ確かにリンクで一番輝いていたのは荒川選手だったのは誰が見ても間違いないだろうけど。
 そして、なんと荒川選手が仙台に縁のある人だったとは・・・意外と知られていなかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トリノ;カーリング

 がんばってますねえ。チーム青森。外国チームと比べたら凄く若いのですよねえ。おばちゃんVSおねえちゃん。
で、碁石のでかいのをスローした後、なんて叫んでいるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当て逃げ

 ウチが当て逃げされたあ。なんか最近ついてない。昨年の秋の事件以来、運勢が下り坂にはいったようだ。
 落雪で生垣が壊れ、屋根雪で雨どいがゆがみ、LDショックで追い込まれ、今度は壁にアナがあああ。がっくし。
 早速警察に届けて現場検証。ウイーーン、赤色灯を回しながらやってきました。タイヤ痕を石膏でかたどり、車の塗料を採取。当てた方あ、早く出てこないと訴えますよお!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トリノ:原田失格!?

 原田は失格ですかあ。ありえないけど、まあいいか、原田だから。
 モーグルは上村残念だったョねえ。個人的にはタエちゃんを応援していたんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博士の・・・

 なんか一気に読んじゃったなあ。こんなに引き込まれたのはやっぱり深津と寺尾のせいだろう。
 最後は悲しい結末を勝手に予感してしまったが、そうでもなかった。”よかった”とほんとに思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

博士の愛した数式

 まだ途中ですが、久しぶりに本を読んだので、まだ本読めるんだあということに我ながら感動。
 で、上映中のこのお話、予告編で見たこともあって、家政婦は深津、博士が寺尾が頭の中で演技をしてくれます。内容もとても読みやすい本だと思います。数式以外は。
 友愛数ってわかりますが?なんかほほえましい名前ですね。完全数、過剰数、不足数、素数、双子素数、、博士が家政婦やその子ども相手にする話題とは思えないのだが、不思議と場に馴染んでいる。博士のやさしさ、家政婦の思いやり、子どもの素直さがそうさせているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリップそしてええええ

 今日の重雪はやばかった。わだちにうまく乗れなくて、はじかれはじかれ、ハンドル利かないし、
多少の事なら立て直せると過信してました。
 右に左にどうにもなりません。ついに左雪壁に左前輪が乗り上げ、車体が傾きはじめました。。。
 。。。コリャ横転するな・・・。もう、覚悟は決めました。。。けど、なんとか雪壁のほうが崩れてくれて車体は水平に。
 あ~こわいこわあい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

THE有頂天ホテル

 おもしろかった。こういうのだと俳優さんたちも生き生きしてるョねえ。
楽しいんだろうなあ。
 個人的には原田美枝子がよかったなあ。松もいいなあ。役所も佐藤もいいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »