« 今日の赤坂 | トップページ | 冬ロケ2 »

リアスピーカ作成

 フロントスピーカだけでは物足りなくなってきました。なんとかリアにもスピーカーを入れたいが、お金がない。ユニットはフロントを交換したとの純正が余っている。これをなんとかしたいが箱を作るのも面倒だし、荷室も狭いのでどうしたことかと、何も手付かずのままにいた。
 たまたま、仕事先で注文した商品が届いたときに梱包されていた段ボールを手にして、いい箱だな~とどうしようかな~と思ったときにひらめきました。これをスピーカーの箱にしよう!!
 家に持って帰ると、それがまあ、ちょうどいい大きさだこと。10CMが2こピッタリと収まります。左右のユニットを1つの箱に入れるのは好ましくはないと思いますが、深いことは考えません。逆に容積が稼げて低音に有利?に成るかもしれません。所詮段スピ細かいことは抜きです。
 実際の作業は、らくらくです。ふたの部分に穴あけて、ユニットを乗せるだけ。コードをつないで、カーステにつなぎます。
04-03-03_22-01.jpg
 なんということでしょう!捨てられていたはずのダンボールがこんな綺麗な音楽を奏でているのです。ユニットも本来の居場所に落ち着いて誇らしげに思えます。費用もなんとか予算内に納まりました(コードと端子で1000円くらい)。
 と,少し大げさですが、フロントもなんちゃってデットニングをしてますが、やはり、ほぼ密閉状態で容積の大きい段すぴのほうが音量が豊かで低音もそれなりにでてます。

|

« 今日の赤坂 | トップページ | 冬ロケ2 »

twin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアスピーカ作成:

« 今日の赤坂 | トップページ | 冬ロケ2 »