« 鮎茶屋 | トップページ | MU SA »

冬ロケ

 スウィングガールズの冬ロケのエキストラに参加しました。
 9時に白鷹町フラワー長井線荒砥駅集合です。
 今日は久しぶりに大荒れです。
 少しばかり早めについてので車で待機。そとは強風と雪。
 しばらくすると、機材を乗せているとおもわれるトラックが1台、2台と駅構内に入ってきました。そしてマイクロバス、ワゴン。
 駅からは時折地元の高校生がでてきます。何で今頃?
 そろそろと表へ出てスタッフに声をかけますと、「中で待ってて下さい」とのこと。ベンチですわって待ちます。他にエキストラっぽいひとが5人くらい。募集は30人だったのにな。
20040223090700.jpg
 スタッフは機材をどんどん運んできます。
20040223094700.jpg
 お〜ガールズも入ってきた。地元の女子高生と特別かわらないね。制服着てるし。さっきトイレから出てきた娘と入れ替わったも分からんな。ただ、生足だったけど。
 あれ?雰囲気の違う人がいる。あっ秋ちゃんだ。見た目、ただの女子高生だ。秋ちゃんだけスカート長め。
 最近テルテル家族にはまっている私はこの主役が秋ちゃんと知って妙に期待してましたが、ホントの秋ちゃんは大阪弁なんか喋らないし、テンションも低い。クールだ。違う。秋ちゃんよりやせている。当たり前か・・・。でも顔ちっちゃい。
 キャストは資料室(駅に地元の資料展示室がある)で待機。
 私らは寒いところで待機。
 さて、助監督らしき人から今日の撮影の説明があります。
20040223090100.jpg
 10時43分発の列車にのって赤湯まで行って戻ってきます。列車の中での撮影となります。3両編成のうち1と2両目を貸し切って、3両目は通常のお客さんを乗せてました。
 まず機材を2両目に搬入し、キャストが乗り込み、最後にエキストラがのりました。
 わたしらは、ただの乗客。ただ、エキストラのなかで特別な人がいて、別行動でした。
 機材で埋まっている2両目の空いている席に座って出番を待ちます。
20040223120200.jpg
 1両目では、ガールズがリハーサル。2両目の先頭(長椅子になっているところ)で秋ちゃんがリハーサルしてます。
 発車と同時に撮影開始です。しかし、段取りがいいですね。スタッフ一人一人がきびきびと動いています。
 ぱっぱとテストして、さっさと本番です、素人から見て、こんなに簡単につくっていいの?と思うほどですが、ホントは綿密な計画と打ち合わせがあるのでしょう。きっと。
 狭い列車の中ですから撮影中はスタッフの陰で全く見えませんでした。
 しばらくして、やっと出番です。空いているところに座ってください。
 2両目の先頭の長椅子のところに秋ちゃん。そのすぐ後ろのボックスを確保し、秋ちゃんが見えるように進行方向に並んで座ったら、「互い違いに。」・・・・
 ・・・・わたしは後ろ向き。すぐ後ろに秋ちゃんいるのに。・・・
 列車が停止しているときは撮影しないので、その時は振り向けば様子は伺えます。
 長井駅で10分停車したときは、写真でも撮らせてもらおうかと思いましたが、なんか躊躇しちゃった。
 また、発車して撮影開始。駅の自販機のコカコーラの宣伝が皆裏返し、そういえば車内の広告がほとんどない。徹底してるね。
 この映画の監督は有名な映画ビーチボーイズの監督なのだが、撮影中は一見して誰が監督か分かりません。
 テストー!とか、ほんばーん!とか大声を出しているのはスタッフです。「ばかやろ~」と怒鳴っているのは
大男のBroTomに似たカメラマンだし。へたすると、おーけー出してるのもすたっふ?そんなわけないか。
 この監督さんはほんと普通のひと。無口なのかな、やさしそうでもあるし。
 そんでもって、赤湯駅で30分停止。よしっ撮らせてもらうか〜。・・でもな~・・・ってもじもじしている間にどっかいっちゃた。しょうがないか。
 トイレ行こう!ホームにはないので駅まで。歩道橋みたいので渡っていると、あれ向こうから来るの秋ちゃんだ。おっ今ならいいんじゃないの?・・・・
 ・・・すれちがちゃった・・・・    しょうがないか・・・
 で、駅のトイレ付近にガールズが2,3人・・ん〜記念にガールズたちでも・・・。でもこっちのガールズはほんまもんの今どきの女子高生そのもので、よっぽど話しかけにくい。・・・やめた。・・・・
 モラルのある素人ということで・・・・
 赤湯をでてしばらく撮影して終わりました。どうもこの日がクランクアップだったようです。
 弁当を配られ、車内で昼食です。後ろで秋ちゃんも食べてます。
   食べ終わったら・・・・。・・・懲りない・・・
 監督と話ししてる。
   話し終わったら・・・・
 荒砥に着いちゃった。
 「エキストラの方はここで終わりです。記念品を受け取ったら帰って結構です」
 列車は荒砥駅のホームを超えて操車場まで入っていきました。列車を降りて、駅までは30Mはあるでしょうか、操車場出口で秋ちゃん発見。
   最後のチャンス?・・・・・
 ていうか、なぜか秋ちゃん、ダッシュでいっちゃいました。それもやけに速い。あとで分かったが、陸上部だったそうだ。ほんとに速かった。最後にみた姿は吹雪の中、生足の制服でダッシュする後ろ姿。・・なんか悲しい・・
 夏にもらった手ぬぐいをまた頂いて、さようなら。撮影はもう少し残っているようで、特別扱いのエキストラも残るそうだ。
 わたしは、どうして話しかけられなかったのか・・・俺としたことが・・・・
 という後悔の念に苛まれながら帰途についた・・・・はあ〜
 これで秋ちゃんがブレイクしたら・・・・
 とりあえず9月の公開が楽しみだ。
  ところで、秋ちゃんはほんとは上野樹里さんと言うそうです。

|

« 鮎茶屋 | トップページ | MU SA »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬ロケ:

« 鮎茶屋 | トップページ | MU SA »